天流仁志の受験情報ブログ

東大法学部(政治コース)卒、受験戦略研究の専門家です。ノウハウの大部分は「学習の作法」を始めとする著書で公開しており、本ブログは今のところその補完的な位置づけとなります。趣味の選挙の話もたまに書きます。

かけ算の順序問題がなぜ起きるのか 算数のテストの決定的な欠点

 小学校のかけ算のテストで、

「かける順番が逆だと☓にされた!日本終わった!」

というような意見をわりとよく目にします。

実際にはかける順番が違うからと式が☓になるようなケースは少数派のようですが

もちろん☓にする側にも言い分があります。

 かける順番を逆にする生徒の中には、問題文を全く読まず、機械的に出てきた順番に数字を書けているだけという者が結構いる。問題文を正しく読ませるためにはかける順番にこだわるべきだ、というものです。

 この言い分は一面だけみると正しいと思います。しかし、期待どおりの順番の式を書いた生徒がちゃんと問題文を読んでいるかどうかはわかりません。やはり問題文の意味は考えずにデタラメに数字を組み合わせただけという可能性もあるからです。

 一部の教室では、問題文を正しく読み取らせるために、問題文が正しく読み取れているかどうかを判断するのは困難な基準で正誤を決める、という非常に理不尽な事態が起きているということです。

 算数のテストでは、文章題の「式」と「答え」の2つにそれぞれ点数を与えるという形式になっています。ほんとうに思考力や表現力を重視するなら、この形式はよくありません。高校数学の試験のように、「考え方」の配点を大きくして、「式」「答え」にも少しずつ点数を与えるというのが本来あるべき姿でしょう。

 しかし、ほんとうにそんなテストにしてしまうといくつもの大問題が起こるであろうことが容易に想像できます。第一に、採点が大変です。指導以外の雑務を多く抱える日本の教師には難しいのではないでしょうか。また、生徒側にとっても何をどう書けば良いか決まっているわけではないため、全く答えられない白紙答案が続出するでしょう。すると算数への自信を失わせ、「できないのが当たり前」という間違った考え方を染みつかせてしまうおそれがでてきます。

 思考力・表現力をほんとうに伸ばすためには問題文を絵や図で表現させて評価するやり方が適切だと思いますが、実際問題として学校に取り入れるのは非常に難しいとも思います。私立や国立のエリート小学校でしか成立しないのではないでしょうか。「考え方」を飛ばしていきなり式を書かせる小学校のテストは必要悪というか、現場の経験を反映した妥協の産物ということなのだと考えます。

 もちろんそれでは読解力が非常に低い子どもが育ってしまう可能性が高いので、それを嫌う教育熱心な親は自分で教えるなり、子どもを進学塾に通わせるなりすることになります。もっとも、共通テストの惨状なんかを見ると、図を書かせるような面倒なやり方を避けたり、子どもを自称進学塾に通わせてしまったりして、やはり読解力の低い子に育ててしまう教育熱心風な親も多いのでしょうね。

 

 

東大易化、他の難関国立大が少しずつ難化したか

 

 主要大学の合格発表が進み、東大・京大や国公立医学部の高校別合格者ランキングが話題になっています。今年は新型コロナや共通テストの難化による受験生の動向変化に注目すべき点があるように思います。

 センター試験の時代でも、センターが難化すると受験校のランクを下げる受験生が続出する結果、意外と強気で出願した受験生が好結果を残すということが言われていました。今年は東大の合格点が大きく下がったことから、単純に共通テストや東大二次試験の難化だけではなく、受験生の動向も影響したことが考えられます。

 それを示唆するデータの1つが、もともと東大志向の強いいくつかの有名進学校で、昨年と比べ京大合格者がかなり増えたこと。もっとも目立つのは灘でしょう。灘の現役生の動向を見ると東大が−13に対し、京大がプラス15。京大は医学部や理学部だけでなく、文系もかなり増えているのが印象的です。 

 都立日比谷も好調な東大現役合格者数が注目されますが、京大の現役合格者が昨年の5人から今年は10人へと倍増しました。東大合格者数を大きく減らした県立・浦和も京大は5人→10人と倍増。

 また、北海道の最優秀層が集まる北嶺は国公立医学部合格者数が過去最多を更新と宣伝していますが、これも安全志向が影響したのではないでしょうか。内訳を見ると、昨年は東大理三3名のほか東京医科歯科大や千葉大にも現役合格者を出していましたが、今年は首都圏への現役合格者は理三1名のみ。そのぶん北大と旭川医大の合格者が増えています。今までなら理三や医科歯科大に挑戦していた最上位層が北大などに流れたものと思われます。もちろん、そのぶん合格率は上がったことでしょう。同様に、例年なら北大医学部を受験していた層がある程度旭川医大に流れた。

 全ての学校でというわけではないのですが、全国的にこういった受験生の動向によって東大は合格難易度が下がり、他の難関大では難易度が上がるケースも出るという現象が起きたと考えられます。

 

首都圏以外の大学を目指す人におすすめの勉強法サイト

 「ガクサン」でも触れられていますが、ネット上に流れている参考書や勉強法は、首都圏の大学に偏っています。首都圏以外の大学を目指す人向けの情報には、ふつうに検索していてもなかなかたどりつけないというのが実情です。

 今回、私自身がチャレンジしてみましたが、ほんとうに役立ちそうなサイトにたどりつくのは結構大変でしたが、これだと言えるものをいくつか見つけることができたので紹介します。

 

 ひとつ目は鳥取県の塾「ドリームラーナーズ」さんのnote。特に次の記事は地方進学校に通っている生徒にうってつけの内容だと思います。

note.com

 石原先生ご本人も地元進学校(全国的にはまったくの無名校)から東大という経歴で、塾としての実績も鳥取大学をはじめ地方の大学が多くなっています。

 

 ふたつめは首都圏の塾のブログですが、中堅レベルの中高一貫校に合わせた内容が充実しています。通っているのが鉄緑会指定校でもなければ大いに役立つのではないでしょうか。地方の私立中学(進学校)はほぼ全てが対象になるかと思います。

haiagare35.blog.fc2.com

 

 首都圏の大学については中堅〜上位私大文系というボリュームゾーンなら○○塾、なんとしても早慶ならセン○○○○イス、難問も手厚くならC◯◯◯D◯◯◯あたりの「ルート」がそれなりによくできています。

過去問ファーストの落とし穴とその対策

 私は東大を受験するにあたって、日本史や古典といった一部の科目を除いては過去問をあま使いませんでした。

  もちろんモーニングで好評連載中の「ガクサン」でも語られているように、過去問を重視するのは受験勉強の王道と言ってもよいくらいよく知られた方法論です。

  しかし、文字通りの過去問中心の学習では通用しないこともしばしばあります。それは大きな傾向の変化があった場合です。私が受験するほんの少し前にも大きな傾向変化がありました。具体的なことを言うと、高2時点で試しに受けてみた東大模試と高3時に受けた東大模試とでは形式も難易度も大きく異なっていたのです。

  もちろん傾向が大きく変化したからといって、自分が受験するときには元の傾向に戻る可能性もなくはないので、蚊ならずしも過去問学習がムダとは限らないのですが、せっかくの勉強が空振りに終わってしまう可能性も高くなります。

  ではどうするか。共通テストのように、「これからはこういう問題にしますよ」という宣言がある場合は、それを参考に似た問題を多く演習するのが効率的でしょう。ただし、ある程度の幅をもたせるほうが安全です。

 たとえ新しい科目の試験でも、全く新しいテストということはまれです。他大学では似たような出題がある、別の科目や別の日程では類似の問題が出題されていた、新傾向の狙いと方向性が同じ資格試験に似せているなど、手がかりは結構たくさんあります。受験者数が多ければ、大手予備校が予想問題を作ってくれます。

 手がかりが少なくとも、変化の方向性から問題を予想することはさほど難しくありません。なぜかというと、「急な傾向変化」と見えても、たいては実はそれまでにも少しずつ傾向が変わってきているからです。その方向性を基本に、ある程度の反動の可能性も考慮しつつ戦略を立てれば大きく外れることはほとんどありません。

 変化の方向性を無視して過去問そのものだけに拘泥したり、逆にサンプル問題や最新年度とまったく同形式の問題ばかりやるというのでは、本番で予想外の出題に面食らうリスクが大きいです。私が高3時に受けた東大模試にも新傾向にぴったり合わせてきたものと、ある程度以前の傾向に沿ったものとがありました。もちろん私は前者の方が成績は良かったですが、後者でも合格を計算できる程度には勉強できていたから、思い切り新傾向に合わせた対策ができたとも言えます。そのあたり、学校の役割も大きかったと思います。

数学0点で東大に受かる?

 受験を語る動画や記事を見ていると、今でも「数学0点で東大に受かる」というようなことがたまに言われてるようですね。

 結論から申し上げて、これはデマです。信じてはいけません。

正しくは「数学0点でも東大に受かる時代があった」もしくは「数学0完でも東大に受かる」でしょう。

 まず、「数学0点でも東大に受かる時代があった」について。実は東大の数学は2000年前後、21世紀に入る頃に大きく傾向を変え、全体的に点数が取りやすくなっています。たしかにそれまでは問題が難しすぎてほとんど差がつかず、数学でほとんど点を取れなくても他の科目でカバーして合格することが可能ということが多かったのです。実際、そのパターンでの合格者も少なくないことから、彼ら彼女らが自分の経験を語るときに「数学0点でも受かる」となるわけです。

 つぎに「数学0完でも受かる」について。これは最近でも年度によってはそういう受験生が多い年があると思います。年度によっては、というのは、「さすがにこのくらいは完答できないと厳しいだろう」という、いわばボーナス問題が出題される年度とそうでない年度があるから。しかし、大問単位でのボーナス問題がない年度でも大問の前半にはいくつか易しい設問がついていることがほとんどです。「完答は難しいが、部分点を取るのは難しくない」というのが今の東大数学では主流のレベルなのです。したがって、「0完でも受かる」というのは正しいのですが、20世紀の「0点でも受かる」というのとは全く意味が異なります。実際の合格者は0完でも部分点をかき集めて3〜4割程度は得点しているケースがほとんどでしょう。

 そして、東大数学で部分点を稼ぐことをコンセプトにした問題集は、わりと頻繁に改訂され売れ続けています。

 

 

 

北海道の中学生なら一度は漢字検定を受けておくべき理由(私立中学生は除く)

 この時期、10月に受けた漢字検定の結果が返ってきているという人も多いでしょう。漢字検定の成績表で注目してほしいのが書き取りなど漢字を書く部分の自己採点とのズレです。自分では正解したつもりが☓になっているということが結構あります。それも1つや2つではなく、自己採点より10点以上低かったという人もわりとよくいます。

 これには「筆画を正しく、明確に書かれた字を採点の対象とし、くずした字や、乱雑に書かれた字は採点の対象外とする」という漢字検定の採点基準が関係しています。自己採点より低かった場合は「長さが違う筆画をほぼ同じ長さで書いてしまう」「止めるべきところで微妙にはみ出してしまう」といった、普段あまり意識していないところで減点されている可能性が高いです。自己採点より大幅に低い人は「乱雑に書かれた」と判断され、採点対象外になっている可能性もあります。

 北海道も含め、公立高校の入試問題が易しい地域の中学生はぜひとも早い段階でこの減点を経験して欲しいと思います。同じことが公立高校の入試でもよく起こるからです。高校入試の自己採点より実際の点数が低くなる現象は国語に集中しがちです。国語では漢字の問題はもちろん、他の記述問題でも漢字を正確に書けていなければ減点対象になるからです。正確な採点基準は入試問題の難易度によって、あるいは高校ごとにも違うでしょうが、入試問題が易しく点差がつきにくければ、それだけ「字が雑で落ちる」受験生が出てきやすくなります。

 最近は定期テストにしろ塾等の模試にしろ、漢字の問題をのぞけばさほど字の正確さには厳しくないことが多いかと思います。しかし、実際にそれで落ちる受験生がいるわけです。漢字検定で自己採点より低い点数を取ってしまった人は、普段からていねいに字を書き、自分の答案の字を厳しく見直す練習をしておきましょう。

 

 

 

 

 

 

モーニング誌で漫画デビュー(?)します

 今日発売のモーニングで学習参考書の世界が舞台のまんが「ガクサン」が新連載されます。連載にあたって主に受験情報の関係で取材を受けていたのですが、その取材にはもうひとつ目的があったようで、主人公のうち「参考書クソオタク」のモデルの一人として私の人格や主張内容が反映されている模様です。何人かの参考書オタクの要素をミックスするということでしたので私そのものというわけではないのですが、見る人が見れば「あー。。。」とわかるのではないでしょうか。

 Dモーニングで試し読み無料になっているようなので、参考書に興味のある方はぜひ読んでみてください。